NEWS

薄い色で絵図の輪郭を描いていませんか?

今回は絵図を描くときに注意して欲しい事をお話しします。

まずは上の絵をご覧ください。
左右どちらの方が視覚的に捉えやすいでしょうか?
どちらも「きいろのチューリップ」を描いたものですが、左の絵の方がスッと目に入ってきますよね。
どんぐりの問題は絵図を描いて考えていくものなので、視覚的に捉えやすい濃い色で輪郭を描き、形をしっかり認識できるようにすることが大切なのです。
例えば、輪郭を黒や茶の色鉛筆で描いてから塗り絵のように絵に色をつけていってもいいですし、初めから濃い色(黒・青・紫・茶・赤・緑・オレンジ...など)のみしか使用しないようにしたり、黒の色鉛筆のみのを使用するというのも1つの案です。
このように色鉛筆の使い方に特別な決まりはないのですが、絵の輪郭は濃い認識しやすい色で描いてくださいね。